Into The Wild EP

by yumbo

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥500 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.

about

Original released as a bonus CD-R for "That's Reality" album.

credits

released January 14, 2011

yumbo are ;
澁谷浩次 (Koji Shibuya) vocal [1,3] piano [1,3,4] synthesizer [2]
大月俊二 (Shunji Ohtsuki) el-guitar [1] bass [2,3] trumpet [4]
山路知恵子 (Chieko Yamaji) drums [1〜3] tambourine [2] triangle [4]
工藤夏海 (Natumi Kudo) french horn [1〜4]
朝倉美幸 (Miyuki Asakura) bass [1,4] el-guitar [2] ac-guitar [3]
高栁あゆ子 (Ayuko Takayanagi) vocal [1〜4]

Guest players are;
高岩みのり (Minori Takaiwa) violin [2]
波多野敦子 (Atsuko Hatano) violin [2]

produced by 澁谷浩次 (Koji Shibuya)
all songs written & arrangement by 澁谷浩次 (Koji Shibuya)
english translation by 戸田茂秋 (Shigeaki Toda)
recorded by 本儀拓 (Taku Motogi)
supported for recordings by 宮腰翔子 (Shouko Miyakoshi) & 高栁あゆ子 (Ayuko Takayanagi)
recorded in 20th, April - 18th, December, 2009.
recorded at various locations ;
広瀬文化センター (Hirose bunka centre), Sendai.
若林区文化センター (Wakabayashi-ku bunka centre), Sendai.
仙台市民会館 (Sendai shimin kaikan), Sendai.
book cafe 火星の庭 (book cafe Kasei no niwa), Sendai.
米ヶ袋 (Komegafukuro), Sendai.
mixed by 本儀拓 (Taku Motogi)/澁谷浩次 (Koji Shibuya) at Komegafukuro.

tags

license

all rights reserved

about

7e.p. 東京都, Japan

Tokyo, Japan since 2002

contact / help

Contact 7e.p.

Streaming and
Download help

Redeem code

Track Name: ロスト・マイ・ソール (lost my sole)
the last drop of a rumor
covered houses with cold like poison
everything but myself off the center
levelly nods.

how does it feel to walk on the bottom of the dark
in a warm daylight?
and what if the heart alone walks as it likes,
without saying goodbye to anyone?

halfway through the race, I smoked,
so I was thrown out over the track.
why is it broken,
though I walked with such softness?

like water through the throat
is the way to go destined?
like a cat falling from the cliff,
is the way to go destined?
I lost my sole again,
give me yours.

the winner reaching the goal before the dawn
must have cursed my feet.
I am walking,
wishing worthless paper road’s gonna get burned.

before the curve, I lied,
so I was thrown out over the thicket.
why am I hated
though I sang with such softness?

like a winding snake,
is the way to go destined?
like a dancer who lost the floor,
is the way to go destined?
I lost my sole again,
give me yours.

うわさ話の最後の一滴は
劇薬のように家々を寒さで覆った
中心からずれた自分以外のすべてが
水平を保って頷き合っている

暖かい昼の光のなか
闇の底を歩くのはどんな気分だろう
ましてや誰にもさよならを云わずに
心だけが勝手に歩いているとしたら?

レースの途上でタバコを吸ったので
道の外へ追い出されたんだ
あんなに静かに歩いていたのに
なぜ壊れてしまうのか

のどを通る水のように
行く先は決まっているのか?
崖から落ちる猫のように
行く先は決まっているのか?
また靴底を失くしちゃったから
君のをくれよ

夜明け前にゴールに辿り着いた勝者が
僕の両足に呪いをかけたに違いない
何の価値もない 紙みたいな道が
すべて燃えてしまえばいいと願いながら歩いている

カーブの手前で嘘をついたので
薮の向こうへ放り投げられたんだ
あんなに優しく歌ったのに
なぜ嫌われてしまうのか

曲がりくねった蛇のように
行く先は決まっているのか?
床を失くしたダンサーのように
行く先は決まっているのか?
また靴底を失くしちゃったから
君のをくれよ
Track Name: ザ・サウンド・オブ・トゥデイ (the sound of today)
the sound of today,
lazy like a train.
I’m lying on the rail,
lying on the cold rail,
and singing.

the sound of today,
bitter like someone’s clinging.
I’m digging the frozen ground,
but don’t mind if it takes all night.

when the morning comes,
I’ll find my portion’s gone.
I’ll poke the unearthed nuclear bomb
with the tip of the shovel.

during Chinese Whispers,
someone must have made a mistake.
however, I’ll be waiting for
the sound of today
at your back door.

the sound of today,
goes up a river life a fish,
and sits, prays, and sings in
a circle with a one-meter radius.

when the midnight comes,
all my pieces will be dug up.
I’ll melt my worries slowly
on my tongue.

during the shooting game,
someone must have shot the ally.
however, I’ll be waiting for
the sound of today
inside your white frame.

I’m watching today pouring down,
from the inside of this mirror.
my back hurts too much
to move on to the left road again.

the sound of today,
lazy like a train.
I’m lying on the rail,
lying on the cold rail,
and singing.

the sound of today,
is heard in someone’s house.
I’m sitting on a toilet seat,
and listening to the sound of today.

今日の音は
列車のように怠惰
わたしは線路に寝そべっている
冷たい線路に横たわり 歌っている

今日の音は
誰かの執着のように苦い
わたしは凍った土を掘っている
一晩かかっても構わない

やがて朝が来れば
わたしの取り分は残っていないだろう
出土した核爆弾を
シャベルの先でつついているだろう

きっと伝言ゲームの途中で
誰かが物語を語り間違ったんだ
それでも わたしはあなたの家の裏口で
今日の音を待っているにちがいない

今日の音は
魚のように川を遡る
半径1mの円の中で
座り、祈り、歌っている

やがて真夜中になれば
わたしのかけらは掘り尽くされているだろう
心配事を舌の上に乗せて
ゆっくりと溶かしているだろう

きっと射撃ゲームの途中で
誰かが味方を撃ってしまったんだ
それでも わたしはあなたの白い枠の中で
今日の音を待っているにちがいない

滝のように流れ落ちていく今日を
わたしはこの鏡の中から見ている
背中の痛みがひどいから
二度と左側の道へは進めなくなってしまった

今日の音は
列車のように怠惰
わたしは線路に寝そべっている
冷たい線路に横たわり 歌っている

今日の音は
他人の家の中で鳴っている
わたしはトイレの便座に腰掛けて
今日の音を聞いている
Track Name: 甘い塊 (the sweetest mass)
山へ行くのか
海へ行くのか
街の灯の
裂け目に手をかけ

誰の領土を
占領したの?
波にあばれる
ワカメのようね

度し難く寒い答
底の抜けた箱のように
手が滑って全部落とした
畢に疵は癒えなかった

終わった言葉の
岩場に立って
ひとつひとつを
爆破している

敗北の昼の疲れ
飽き飽きした顔の前を
恥ずかしげに立ち去った
畢に何も識らなかった

度し難く寒い答
底の抜けた箱のように
手が滑って全部落とした
畢に疵は癒えなかった
Track Name: イントゥ・ザ・ワイルド (into the wild)
書きなぐった線の上で
可能性の水を飲み干して
乱視の心を細める
わたしの床を浸食する
埃にまみれた物質の悲しさ
すべての歓びを海に捨てて
波乗りの軌跡を想い描こう
この鏡の向こうへ飛び込んで
足に触れた白い枠を運用しよう
脈打つ心臓の荒野で
死滅した銅線をかき分け
空中の貝殻に潜り込んだ
小魚のきらめきのような
ひとつのリズムに辿り着いた